隧道神殿を抜けて

H.R.ギーガーが人間の肉体損傷のため異世界へと旅立たれた。
「邪聖剣ネクロマンサー」のジャケに畏怖に打たれて20年、
完璧に構築された異世界にこの上ない戦慄と魅惑を感じ続けさせられた。
というわけでこの人に関しては、あちらの世界で幸せそうにしているとしか感じ得ない。
また芸術家にとっては、生きているかどうかよりも、作品集や展覧会が変わらず人気を持ち続けるかのほうが重要なんだと思った次第。
また異次元のどこかで遭わせてほしい。
でもとりあえずは「ホドロフスキーのデューン」で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフト・マシーン

P1050095今週はダリコレクションがあるというので磐梯の諸橋美術館に行ってきた。
絵は多くないけど彫刻が20くらいあって、しかも彫刻は写真撮影OK。
←誰かこの横でスパイス・ガールのポーズを取った者はいないか?

絵が少なかったのは、もしかしたらこっちをやっていたせいかもしれない、同じくらい期待していたP.J.クルックの企画展。
もちろんキング・クリムゾンのジャケとしてだ。
変な形の土台や額の上にまで描く、意外とフツーじゃない人だった。
ただし美術館側はクリムゾンのことはよく知らないらしく、バイオに書かれてたのは”ロバ-ト・フィリップ”。置かれていたアルバムも「エピタフ」と、よりによって「プロジェクト・ボックス」。

ついでに近くにあった五色沼を、高校の修学旅行以来20年ぶりに再訪する。
あの頃はよもや、大学の6年を色水を見て過ごすことになるとも、車で3時間の東北に引っ越すとも思いもしなかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレジー

ところで今日は遠出して酒田のガラス美術展に行って来た。
リアルストーム・トーガソンの世界。
P1050011
ついでに有名なクラゲ水族館も見物し、「アバター」の代わりに3Dの精を眺める。

そうして次のCGは何にしようかと考え、半年描いてないのにどうしようかと悩む・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星をかった日

新聞の地方欄を見て、山形駅前のデパートで井上直久の展示会があるというので急いで行って来た。よもやこんな田舎でイバラードの元絵が見れるとは。
一番の目当てはまだ持ってない画集が買えるかと期待していたんだが、売ってたラインナップを見るとどうも俺は画集をコンプリートしてしまっていたらしい。
唯一「耳をすませば」のメイキング本は持ってなかったんだが、これは映画を見てないのでパス。さらに知らなかったが「星をかった日」がジブリでアニメ化されててパンフが展示してあったが、パンフを見る限り絵柄は完全にジブリのになっていて、なんか見てもしょうがないような気がした。(あのノピサ君が動く! 喋る!というのは貴重かもしれないが)

しかし他の客がいないので、係員がやたらとうるさく話しかけてくるので、この分だと買うまで逃げられなくなるかもしれんと思いスキをみて逃走。あまりゆっくりと見られなかったじゃねえか。
思えば東京で天野喜孝の展示会に行って連絡先を律儀に書いたばっかりにその後数年間会社に電話がかかってきたこともあったし、仙台で内尾和正のに行ったときもひつこく捕まえられたのでとっとと帰った記憶が。
直前に買ったクラウザーさんの威を借りて「邪魔な係員はSATSUGAIしてくれるわー!」と言ってやりたくなるね。

ところがついでに足を伸ばしてレコード屋を探検したところ、とんでもない貴重版が半額で叩き売り! もちろん新品の国内版!
チャック・E・ワイス「Extremely Cool」、アースワークス「Footloose And Fancy Free」、「9月のクルト・ヴァイル」をゲット。
これこそ田舎の醍醐味じゃ。ワハハ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日の本

土曜は山梨の美術館に行き、シュールレアリズム展を堪能する。これはクリムゾンのジャケのルーツ、あっちは諸星大二郎・・・といろんな元ネタを勝手に脳内リンクさせて楽しむ。
通常展示もついでに回って、超リアルな絵に驚嘆。中学生ぐらいの時と何年か前の2回見ているはずだが、この衝撃から未だに立ち直れずCGなんか描いてるのかもしれない。
3回目は大人になってるので、通常展と特別展のカタログを大人買い。

翌日は「ゾディアック」(一言、「セブン」の再来は期待しないほうがいい)の帰りに「草薙Ⅱ」を見かけ、「Ⅰ」はいまいち足りないかなあと思ってたテーマがまさにこれ。結局その場で2冊とも買ってく。
帰って出展元をチェックすると、一つも作品は見てないんだがね。

で今日は頼んでたストーム・トーガソンのジャケ写真集「Taken By Storm」が届く。おおあのジャケが! と喜んだところで今日は終了。
そんなこんなでまたもや大盤本コーナーが圧迫されていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗黒の世界

クリムゾンのライブ版は結局「USA」の中古未開品と「B'Boom」(発音はなんてするんだろう)の中古版を買う。「アースバウンド」は好きなメンバーもいないし、音質が激悪らしいし、いいや。

メタル・クリムゾンを聴いていてふとラブクラフトのコズミック・ホラーを思い出した。コズミック・ホラーは宇宙における人間や地球の矮小さと、星を飲み込むほどの途方もなく強大な力の存在を認識してしまうことにある。
「太陽と戦慄」「スラック」の凶暴なヘヴィ・サウンドはまさに地球外からの巨大な這い寄る混沌のように聞こえた。

そして宇宙にもう一つあるのがあまりにも広大な虚無である。探索するべき世界のあまりの広さに自らの存在の小ささに慄き、その世界に足を踏み入れる恐怖を歌ったのがドアーズ。演奏の音の少なさがさらに空間の虚無を連想させる。

こうして考えると「太陽と戦慄」はアザトースが惑星を蹂躙するようにも聞こえるし、「音楽が終わったら」は人類終末後に旧支配者が闊歩するようにもに聞こえてくる。
もしかしたらキング・クリムゾンとドアーズはラブクラフトが書き続けたコズミック・ホラーを追求していたのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨匠と下僕

ギーガーのTASCHENの画集は前に出た「WWW.GIGER.COM」の16ページ追加版。
ジュンク堂で\2000だったけど、前のはちゃんとあるし、何よりスキーエイリアンの銀箔表紙は絶対に前のほうがいい。よって今回はスルー。
ひょっとしたら日本語版が出るかも、とちょっぴり期待も込めて。

が、秋葉原で「スピーシーズ」DVDがギーガーの出演映像付きで\2000。20秒ほど悩んで買い。
大した映画じゃなかったけど、それはわかっていたんだ・・・しかしよォー ひょっとしたらギーガーの貴重映像かもしれないと思ったら・・・ 万が一にも!傑作だっつー可能性があるのなら! その「特典」を買いに行かずにいかねえわけにはいかねえだろう・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)